スタッフブログ

PCサポート

2022.10.04

音が鳴るパソコンは直ちに買い替え/バックアップをしてください

 立て続けに同じような症状のお客様が来店されましたので、注意喚起です。


「最近パソコンの動作が非常に遅い。カチカチと音が鳴る。買い替えたほうがいいだろうか?」
「急にHDDから音が鳴るようになって外付けHDDが読み込まなくなった。データを取り出してもらえないだろうか?」

パソコンから異音が連続的に出る症状が出ている、ウィーンという音がでるようになった。
といったなにかしら異音がでるようになった場合は、ほとんどが緊急の症状だと思っていいと思います。
特にHDDから「カチッ・・カチッ・・」という音が出ている場合は、かなり重症です。
もしまだ、カチカチという音が出ていてパソコンが起動するという方がいらっしゃれば早急にバックアップを取るか、買い替えをご検討されてデータを移動されることを強くお勧めいたします。

買った時よりもパソコンが遅くなった。起動に10分かかるといったことも異常なサインです。

起動に10分くらいかかるから困っている
いつもパソコンの動作が遅くて、立ち上がるまで他のことをしている

といったような、パソコンを買った時よりも格段に動作が遅くなったという場合も損傷率が高まっている証拠です。
ある日突然、Windowsが立ち上がらなくなったという症状が出る可能性が高いです。
こういった症状がでている場合も同様に危険な状態です。

よく「写真や動画などのデータが多いから重いんだろう」とか「容量がいっぱいいっぱいだから重いんだ」と言われますが、ほとんどの方はそんなことはありません。パソコンの動作の速度は決してデータ量に比例しているわけではないからです。

こういった症状がでたら買換えか修理、データのバックアップを取ることを心がけていただいて、万が一に備えるといいと思います。

放置は危険です!

パソコンは放っておいて直るものではありません。
異音がする状態や動作がとても遅い症状を長時間なにも処置を行わなければ、確実に動かなくなります。
動かなくなった状態でWindowsが止まってしまった場合、データの取り出しが困難になります。

パソコンがちょっとでも調子が悪いなと感じたらご相談ください。

動作が異常に遅いといった症状はご相談ください。

弊社では、動作改善やHDDの交換についてSSDへの交換をおススメしております。
起動や動作が改善することもそうですが、大切なデータを守るといったことにもなります。
パソコンのデータを移行する作業や初期設定、新品パソコン/中古パソコンの買い替えなども受け付けております。
まずは、弊社までご相談ください

SSD換装へ

2021.09.01

パソコンをSSDでもっと快適に!

 当社の作業の中で、顧客満足度ダントツNo1は、SSDへの交換です!

HDDという部品をSSDという早くなる部品に交換
データを丸ごとコピーします。つまり、使い勝手そのままに、速度が約10倍速!

これはすごい。

起動に2分半くらいかかっていたのが、なんと15秒!

いままで、SSD効果で不満を言われた方はいらっしゃいません!(#^.^#)
しかし、難点が無いわけではありません。
それは、価格!値段がちょっと高い!

普通に丸ごとコピーするには、同じ容量じゃないと難しい作業です。
500GB や 1TB(1000GB)のSSDって、最近値段が下がったと言ってもHDDに比べたらとても高価です。

当社ではそういった制限なく、現在の使用状況を見てSSDサイズを選ぶことができます。
つまり、1TBのHDDが入っているパソコンでも、実際は150GBくらいしか使ってない、なんてことはよくあります。
そういう場合は、256GBのSSDで大丈夫、値段をぐっと抑えることができます。

そういう大きなHDDから小さなSSDへ、システム丸ごとコピーするのが、当社のプロの技なんです!

速度が遅くてたまらん!
Windows10にもせにゃならん!
どうしたもんじゃろ?

そういう方は是非ご相談ください。(料金は下記を参照)

メリット デメリット
全ての動作が数倍早くなり快適になる 異音が出ないので故障判断がしにくい
HDDから交換することで不調が改善される 動作が遅くなりにくいので調子が悪いのかわかりにくい
HDDに比べて寿命が長い 壊れる時は突然
インターネット閲覧も早くなる
作業効率がぐーんと上がる
駆動音がなく静か
スクロールできます

デメリットは、長所であり短所でもあるところです。
基本的にはデメリットなしで使うことが出来ると思います。

SSD容量 合計(税込)
128GB 15,180円
256GB 18,480円
512GB 22,880円
1TB 29,480円
2TB 47,630円

2006.07.27

PCサポートの現場

facebook_PC修理

この上でダブルクリック - ここにキャプションが入ります。

今日はよくPCが壊れた日でした。
朝からいろんなところへ呼び出されて、トラブルと格闘しました。PCサポートは大きく分けると三つのトラブルになります。
ひとつはケアレストラブル、それからソフトウエアトラブル、最後にハードウエアトラブルです。ケアレストラブルは、持ち主の勘違いや初歩的なミスであり、大体5分以内に直ります。電源が入らないということで行ってみるとコンセントが抜けてる・・・なんてトラブルが代表的ですね。

 コンセントは抜けてませんか?と聞くのですが、抜けてない!といわれれば行かざるを得ません。そして抜けている・・・という場合はなんともいえない空気がその場に漂います。
 
二つ目のトラブルはソフトウエアの設定ミスや動作中の故障などで、設定を変更したり、再インストールしたりすることで直ります。
パソコンではこの分野のトラブルが一番多いのですが、駆けつけたサポート員の腕の見せ所でもあります。
長年やっていると、経験がものを言うということで、設定の手順なりトラブルの元が頭の中にひらめくことが多くなります。まさに職人芸というところでしょうか。

三つ目のトラブルは文字通り故障なので、現場で直すことは不可能です。持ち帰ってメーカーに修理に出します。
 
ソフトウエアが壊れているかハードが壊れているかは比較的判断がつきやすいのですが、最も気をつけたいことは、設定をいろいろ調整したほうが早いか、あきらめてソフトの再インストールしたほうがいいのか?の判断です。
様々な設定の問題を解決することはとてもサポート冥利に尽きますし、お客様の信頼も得ます。ですから大体の人はいろいろと設定を微調整することで乗り切ろうと考えます。原因追求というパターンですね。

しかし、一生懸命何度も設定を繰り返しても結局は再インストールしたほうが早かったということもあります。
夜遅くまで作業をしながら、最初から再インストールをすれば、もう終わってるな・・・と嘆くこともしばしばです。

その時私は「急がばまわれ」ということわざの意味をかみ締めています。