修理事例


メモリ不足エラー障害


先日お客様から、パソコン修理について問い合わせがありました。
「このまえパソコンにメモリを追加してもらったが、メモリ不足と出て印刷が出来ない。これは治らないのですか?」
お客様の対応履歴を探ってみると
前回デスクトップパソコンのメモリを4GBから、8GBに増設しました。
依頼内容的には、今回問い合わせいただいた内容とは別件でのことでした。

印刷するだけで、メモリ不足になる?そんなことが起こりうるか?と考え
後日お伺いに行こうと思っていた矢先、すぐさまお客様から「再起動したら治ったので、出張依頼はキャンセルします」
ということで、対応は保留となりました。
いったいどういうことでしょうか??エラーが出なくなったのでしょうか?

そういえば、別のお客様でWindowsUpdateを行った後にブルースクリーンになったり、メモリエラーで印刷ができなくなる症例があったなあということを思い出しました。
修理事例参照
https://www.kurakazu.com/support/Example/entry-769.html
もしかしたらこの症状なのかもしれないと思っていた矢先、私の使っているパソコンでも同様の症状が出現しました。



症状

症状としては下記になります。

【症状】
・ローカルに保存されている、エクセルワードなどのファイルは普通に開くことが出来る
・共有されたファイルにアクセスすると上記の症状が出て開くことが出来なくなる

原因

【原因】
上記で以前対応した事例と同じだと判断すると、更新プログラムの不具合となります。

Windows 10 Version 2004/20H2: KB5000802
Windows 10 Version 1909: KB5000808
Windows 10 Version 1809: KB5000809
Windows 10 Version 1803: KB5000822

更新プログラム中に上記KB5000 800番台がインストールされていれば、可能性は高いでしょう。
調べたところ、今回不具合のでたパソコンにはKB5000802がインストールされておりました。
さっそく、該当するプログラムをアンインストールを試みます・・

しかしながら、該当の更新プログラムは見つかりませんという通知が出てアンインストールできません。

たしかに、WindowsUpdateの更新履歴にはKB5000の802がインストールされましたと出ています。
それなのに更新プログラムは見つかりませんと出ます。
いったいどういうことでしょうか?

もしかすると、このパソコンはWindows10からWindows11へのアップグレード品だから消せないのかもしれません。
Windows10の時にインストールされた場合は、Windows11だと消せないということなのでしょうか?
まったくもって謎が深まります。

まさにさっきまで開けていたものが急に開けなくなったという感じです。

調べてみると大塚商会さんからも報告が上がっていたので、こちらもお知らせいたします。
メモリ不足エラーについて


対策


上記修正パッチを適用しようとしますが、Windows11の場合、適用することが出来ませんでした。
さて困ったぞと対応策を調査してみるとこんな記事を見つけました。
エクセル2013でメモリ不足の解決方法(個人ブログ)
こちらに記載されている症状と内容が合致します。
どうやら、正確にはセキュリティエラーのようです。
記載されている通りに設定を変えてみたところ、共有のファイルが開くようになりました。
これでまずは、一安心です。



保護ビューを外したらセキュリティが甘くなるのではないか?
それは、問題解決になっていないのではないか?

ということになるのですが、まったくもってその通りだと思います。
これはあくまで対策になります。
根本的には解決はできていません。

いろいろと調べましたが、Windows10で更新してWindows11で調子が悪くなった場合の解決方法は見つかりませんでした。
WindowsUpdateによる不具合なので、Microsoftからの更新を待つしかないと思います。
現在のところ、運用としては

・信頼されているファイルしか開かない(自分で作成したもの、社内で使われていて安心なもの)
・どうしても社外ファイルを開かないといけない場合は、保護ビューを有効にする、セキュリティソフトを入れる

というような運用を行えばいいと思います。


お電話でのお問い合せはこちら(9:00~18:00)

電話番号:0835-28-2020