修理事例

偽のマイクロソフトセキュリティアラームに注意しましょう

先日、数件立て続けに被害に遭ったかたの対応を行いました。
結論から言えば、すべて詐欺・偽物です。

通常マイクロソフトやWindowsが警告メッセージを発する、音量を上げて音を鳴らすことはありません。
多いパターンとして報告があったのは、ニュースを見ていたら突然出てきた
インターネットを見ていたら突然音が鳴りだしたといった報告がとても多くあがっています。


詐欺広告

詐欺広告


msnやbingを初期画面にしないほうがいいかもしれません。


弊社でも経験したのですが「msn」や「bing」のホームページ内のニュースを読んでいたら
突然画面が真っ白になり、警告メッセージが上部に出て警告音が鳴りだしました。
確定ではありませんが、おそらく被害に遭われた方も「msn」や「bing」内のニュースを読んでいて
メッセージが出てしまったのかもしれません

調べてみると、msnやbingのサイトは広告の数が多く、厳格な審査が行われていないようです。
表示される広告内に詐欺広告、ページジャンププログラムが埋め込まれていると
このような被害に遭います。

セキュリティソフトは必要?不要?

マイクロソフトセキュリティアラームのような詐欺広告や
アドウェアと呼ばれる組み込み型、広告の対策は難しいというのが現状です。
被害に遭われた方のパソコンには有料のセキュリティソフトが入っており、セキュリティ対策はされておりました。
セキュリティソフトが入っているから大丈夫、そういった被害には遭わないと過信するのではなく
ある程度、知識をもって自衛されるしかないと思います。
どのような場合でも、金銭の要求や電話を催促される場合は決してありませんので、連絡しないに尽きると思います。

セキュリティソフトを入れておいても被害に遭う方を多く見ている関係で、
はたして必要なのかとても疑問に思うことが多々あります。

1.スペックの低いパソコンに高負荷のセキュリティソフトをいれると重くなりすぎる
ウィルスバスターやノートンなどの高負荷のセキュリティをいれるとパソコンがとても重たくなります。
とくに昔のパソコンでそんなに早くないパソコンだと尚の事遅くなり、とても作業をするに堪えないパソコンとなります。
パソコンが重たい、どうにかしてほしいと言われて持って来られる方のほとんどがセキュリティソフトによる高負荷が原因です。
パソコンが遅くてパソコンをつけるのが億劫になってしまうようじゃ本末転倒です。
導入される場合はパソコンのスペック(能力)に応じたセキュリティソフトを選択されることをお勧めいたします。

2.不具合がとても多い
メールを受信しなくなった、ソフトがインストールできなくなった、画面が真っ暗になって動かなくなった。
そういった不具合でパソコンを持って来られる方がいらっしゃいますが、これらもセキュリティソフトが原因だったりします。

3.肝心なところで作動しない
今回のようなマイクロソフトの詐欺広告やマルウェアと呼ばれる組み込み型詐欺広告に作動しないことが多いです。
肝心なところで作動しないセキュリティは果たして必要でしょうか?

被害にあったらどうすればいいのか?対策

1.「Ctrl」+「Alt」+「Del」ボタンを3つ同時に押す→タスクマネージャー起動→ブラウザを選んで閉じる

2.「Ctrl」+「W」キーを同時にをしてブラウザを閉じる

3.電源長押しで強制終了(上記ができない、わからない場合は電源を切ってください)



マイクロソフトからこの件に対して投稿が上がっております。

マイクロソフトから詐欺に遭わないためのサポート情報が出ています。
是非、一度読んでいただいて自衛されることをおすすめいたします。
マイクロソフト、セキュリティ対策
(リンクをクリックするとマイクロソフトの記事に飛びます)

被害に遭われた方の弊社での対応は以下のように行います。

1.不要アプリ、ソフトウェアの削除
6,050円

2.初期化・データ移行(お客様で不安な場合は)
12,100~18,150円

3.広告ブロックアドオンの追加
3630円

4.パソコンメンテナンス
3630円

5.自衛手段のアドバイス
(無料です)

6.パソコンに合ったセキュリティソフトの提案
(無料です)

弊社では上記の対策を行い、対応を行っております。
被害に遭われた方で、パソコンを使うのが不安な方は是非ご連絡ください
または、被害にはあってないけど対策をしてほしいというかたは3,4番も行います。


お電話でのお問い合せはこちら(9:00~18:00)

電話番号:0835-28-2020