修理事例

「パソコンの更新を行ったらパソコンにエラー画面が出るようになって立ち上がらなくなった」
Windows Update関連のエラーの対応を致しました。
今回対応できたエラーコードは以下になります。

停止コード:PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
失敗した内容:tmcomm.sys

通常こういったブルースクリーンエラーが出た場合、システムの復元を行うことができれば改善することができます。
ですが、今回はシステムの復元が無効化されており復元を行うことができない案件でした。

こうなってしまった場合、ほぼ修復不可能
初期化してデータを移行、ソフトを入れ直し再設定するコースとなり時間も労力も費用もかかります。
ところが今回はうまいこと対応することができたのでお知らせしておきます。


ブルースクリーンエラー


対応と対策


エラー内容をよくみると失敗した内容が記されています。
「tmcomm.sys」
これを調査してみるとウィルスバスターのドライバーということが判明しました。
古いウィルスバスターのドライバーと適応されたWindowsの更新がうまいことマッチせずエラーが生じたといった内容のようです。
パソコンを起動できない状態でソフトをアンインストールすることは難しいのでHDDを取り出し
HDD内にアクセス、該当するシステムドライバーのみを削除or名前を変える
この処置を行ったところ、パソコン起動立ち上がりに成功
立ち上がり、デスクトップ画面までいけばウィルスバスターをアンインストールすることができます。
プログラムの削除からウィルスバスターの削除とWindowsUpdateの最新化を行い対応完了となりました。

Windws Updateの更新はとても恐ろしいものです。
特に大型のUpdateが適応されるとこういった障害がよく起こります。
システムの復元を有効にするシステムの復元を作成するといったことをやっておけば改善する可能性が上がります。
簡単にできることなので是非皆さんもシステムの復元が有効になっているのか、作成されているのか確認してみてください
システムの復元有効化方法(NEC情報)
とはいえ簡単にできるとは書きましたが出来ない人が大半なのが現状です。
やり方がわからない、確認してほしい、同じ症状になったといった方でお困りの方はご連絡ください

株式会社クラカズコミュニケーションズ新田店
電話番号:0835-28-2020
メール:shinden@kurakazu.com


お電話でのお問い合せはこちら(9:00~18:00)

電話番号:0835-28-2020