CPUとは?

CPU(Central Processing Unitの略)は中央演算装置と呼ばれるパソコンなどのコンピューターを動かせるための装置です。
別名:プロセッサー。パソコンには必ず搭載されています。

パソコンの起動や計算などの動作は全てこのCPUの性能によって決まります。
CPUを製造しているメーカーは、Intel(インテル)とAMD(エーエムディー)が有名です。ともに米国の会社です。特に Intelは、WindowsやMacなど世界中のコンピューターに搭載されています。


種類・規格


CPUの性能を左右するものにコアの数というものがあります。

コアというのはCPUの核の部分であり、制御部と演算部が1セットになっているものです。
これが1つあるのと2つあるのとでは性能に差が出てきます。コアが2つあるものをデュアルコア、4つあるものをクアッドコア、または複数あるものをマルチコアといいます。

スレッド数とは?

スレッドというのはコアを分割して1つのコアで別の動作をさせたいときに使います。
基本的にはコア数とスレッド数が同じ数の方が動作が速いと言われていますがメリット、デメリットもありますので
一概にどちらがいいかというのは言えません。



最近主流のCPUの詳細は以下のようになっています。
一概には言えませんがコア数が多くスレッド数が多くなればなるほど処理能力が大きく動作が速くなります。
これらのコア数やスレッド数はシリーズの型番によって変化します。
お持ちのPCのCPUの性能を調べる際は参考にされてください


ブランド シリーズ コア数 スレッド数 備考
intel Core i 3 2 4
Core i 5 4 4
Core i 7 8 8
Core i9-9980XE 16 32 2019/04 最高性能

株式会社クラカズコミュニケーションズの記事一覧

カテゴリーリスト

トピックス

お電話でのお問い合せはこちら(9:00~18:00)

電話番号:0835-28-2020