役に立つブログや弊社のお知らせなど

Windows11発売に関連して。 30年たってもMicrosoft社の遺伝子は変わらず、というところ。

(^^♪ すなわち、複数のOSが併売されることになりそうです。
Windows11の位置づけは、スマホとの融合及び、次の10年を見据えたOSなのですが、今までWindows10が最終バージョンとしていた同社は、様々なアップデートを繰り返してきました。

その数、実に6年間で11回!
長くMicrosoft社の製品開発を見て来た業界の人間として、感じることは、やっぱりな、という感じです。(^^♪
おそらくこれからWindows10とWindows11の併売状態が続くと思われます。

理由はWindows11はハードウエアに「TPM」というセキュリティチップ(バージョン2.0以上)が必要なので、古いPCや安価なPCでは、Windows10からの無料アップグレードができないと思われるからです。

さらに2021年末にWindows11が発売されますが、2021年後半にはWindows10 用の大幅アップデート「21H2」が予定されています。 なんだか21H2で、見た目がWindows11そっくりなWindows10が登場しそうな感じですね(w 今までの経験上。(^^♪


お電話でのお問い合せはこちら(9:00~18:00)

電話番号:0835-28-2020