2020年から大学入試が変わります!


世界中で注目されているMITメディアラボが開発したプログラミング環境「Scratch(スクラッチ)」をベースにしたオリジナルのプログラミングソフトと自由自在に繋がるアーテックブロックを使った、子どもたちがロボット作りに夢中になれるロボットプログラミング教室です。

MITメディアラボが開発したプログラミング環境「Scratch(スクラッチ)」をベースにしたオリジナルのプログラミングソフトと自由自在に繋がるアーテックブロックを使用します。

2020年から大学入試センター試験に代わって導入を検討されている新試験は、これまでの知識を問う試験から、思考力、応用力を評価する試験になります。この能力を鍛えるための一つの方法として、試行錯誤を繰り返すプログラミングが注目されています。
プログラミング学習の義務化が進んでいます!
2012年から中学校の技術家庭科の授業で、プログラミングは必修になりました。文部科学省は、小学校へ導入することを検討しています。
⇒文部科学省:教育の情報化について
海外では5歳からプログラミングが必修に!
イギリスでは5歳~16歳までプログラミング学習が義務化されており、そのほか、ヨーロッパでは20ヵ国中12ヵ国ですでにプログラミングが教育課程に組み込まれているなど、さまざまな国でプログラミング教育が始まっています。また、お隣の韓国でも小学生から正規教育課程として決定しています。


グローバル化に対応する人材育成のために!


プログラミングを通じて、ものの仕組みを知ることで、新たな仕組みを創造する能力が身につきます。
「自由な発想力」「問題発見・解決能力」「問題解決への忍耐力」などが、プログラミング体験を通して身につきます。そして、その能力は将来、受験勉強や就職活動、そして仕事についてからも必ず役に立つ、これから必須の能力と言えるでしょう。
要するに、必ずしも「プログラミング教育=プログラマーを育てる」のではありません。世界中で生活にITが欠かせない今の時代、プログラミングも、英語教育と同様にグローバル人材になるためには欠かせない能力です。


※使用しているプログラミングソフト「STUDINO」はフリーウエアです。
ダウンロードして使うことができます。

STUDINO  ダウンロードはこちらから   ・STUDINOインストール方法
USBドライバ  ダウンロードはこちらから   ・USBドライバインストール方法


プログラミング・スクール事業参入!(2016年5月)


いよいよ、2020年からの小・中学校でのプログラミング必修化にともない、民間キットが充実してきました。
当社も地域の子供たちが、都会の子供たちに比べ、同じような機会を得られるように、この事業に参加し地域に提供してまいります。2016年5月5日こどもの日。東大阪での無料体験セミナー視察。
今年この事業(アーテック社エジソンアカデミー)に参加することにしました。



2016年5月24日。社内トレーニング実施(けっこう楽しい!)


プログラミング・スクール開校に合わせて、社内でトレーニングをやってみました。教材はわかりやすく、大人でも楽しいものです。つい夢中になってやってしまいます。
自分が組み立てたものが、プログラミングに従って動くさまは、なんだか「意志」を感じるようで、可愛くさえ思えてきます。
よくできたロボット玩具がペットのように我々をいやす大切な存在になることが理解できますね。
 
一応トレーニングですので、楽しいばかりではなく、教室としてのカリキュラムと動作チェックを真剣に行いました。
OK!でしょう。子供たちに早く届けたいなと思います。




2016年7月28日 夏休み集中講座開始!(3人のお友達が参加してくれました)


本教室開校の前に、夏休み集中講座を行いました。これはミニキット(4つのバリエーション)を用いて、夏休みの間毎週4回にわたって開催しました。3人のお友達が参加してくれました。
みんな目を輝かせて頑張ってました。自動車が一番盛り上がりましたね。自作のコースを作ってみて、その通りに一旦停止、再出発ゴールを目指します!
小学校3年生のお友達だったので、「距離と時間と速さ」の関係をまだ学校で習っていなかったため、とても難しかったようです(笑
でも、すぐにコツをつかんで、あれこれ試行錯誤の末に・・・GOAL~!!!
苦しみが大きければ大きいほど、課題達成の喜びはひとしおのようです。(^。^)




カリキュラム一覧(ベーシックコース:1・2年目24レベル)




カリキュラム一覧(マスターコース:3年目12レベル)※2017年10月に追加されました。



シェアする