ホームページが自動販売機でなければ、商品を並べるだけでは売れないなら、いったい何を並べましょう?
時代とともにホームページに求められるものは変わってきています。
最近のトレンドとしては、大きく2つ考えられます。
まず、一つは「会社そのもの」を『売る』ということ。企業のビジョンであったり、目指すもの、そして理念など。
なんのために自分たちは存在しているのか、何のためにこの仕事をしているのか・・・アピールするものは、目に見えない「思想」かもしれません。
そして、もうひとつは組織風土。企業内の雰囲気ともいうべきもの。なぜそんなことをアピールしなければならないのでしょうか。
それは社員採用のためですね。働き方改革のムードは、応募者に入社したらどんな仕事ができるのか、そしてそれは自分にとってどのような意味があるのか・・・。
ホームページで、きちんと答えを用意しておく必要がありますね。社員を募集すると同時に、企業も応募者から選別されるのですから。


シェアする