Webサイト制作時に、つくづく感じるのはコンテンツの重要性です。ホームページはアニメや映画のように劇的にストーリーが進展するわけではありません。どちらかというと静的なイメージが強いですね。
もちろん、ページの中に動くコンテンツ(ビデオや動画)が含まれている場合もあります。しかしサイト全体では、紙芝居的な静けさがあります。
しかし、何かを訴えかけようとうれば、何かを受け止めて理解してもらおうとすれば、やはりサイトにもストーリー性が必要です。
 
最初に訪れるページはこんなイメージに、そこからそれぞれの人が興味ある扉を開ける・・・
その扉の向こうには、どんな物語が待ち受けているでしょうか。(*^^)
ワクワクするような仕掛けがあるといいですよね♡。
それに、一つの物語がいつの間にか違う物語とリンクして並走するような、そんな楽しさも演出できればいいですよねぇ。
 
訪問者に心地よい感想を持ってもらうためには、ズバリ、「おもてなしの心」でストーリーを描かなければなりません。
そしてビジュアル的にも物語の絵コンテがあれば、制作はぐっと楽になります。
何人かで分業する時は、絶対必要になりますし、仮に一人で最初から最後まで仕上げる場合も、自分自身が目標を見失わないように、ストーリーはとても重要です。


シェアする