ホームページの作成、当社の仕事のやり方を考えて考えて、結果変更することにしました。
ここ数カ月の懸案であった「原稿の納期遅れ」をどうやったら解決できるか?
 
たどり着いた結論は、「原稿を依頼しない」ということでした。つまり、「取材して私たちが書く」事にします。
これは、相手先の業務を良く調べ、詳しく聞き取りをして、さらに的確に纏める。という高いスキルが求められることと、それでもお客様たちのこだわりとか、思いを大切に、「自分たちの言葉で書いていただこう」と思っていたのですが・・・・
やはり、納期遅れはすべてにおいて、いけません。(*^-^*)
これからは、「当社の責任において、取材し、文章をまとめる」と、いたしました。


原稿を書いてもらう難しさ。
ホームページの原稿をもらうことほど難しいことはありません。
ほとんどの会社で、納期を守っていただけません。
喋ることはできても・・・「書く」ことは難しいようですね。
パンフレットを渡されて、「ここから適当に書いて」と言われることが多いです。...


この質問に、サクッと答えていただく会社は少ないです。
どうしてでしょうか・・・
本当は、ちゃんと特徴があって、他の会社に負けない強さもあるのに、案外自社の強みは、気がつかないんですよね。
じつは、「当たり前にやっていること」が強みなのですよ。
それくらべ、弱みの出ること出ること(w
強みも弱みも半々。それが普通の会社です。(*^-^*)


ホームページを作ることと経営理念+ビジョン+方針を創ることは似ていますね。
 
頭の中にごちゃごちゃになっている、伝えたいこと、出来ること、やりたいことを整理して、相手に伝えること。
 
これって、結構難しいようです。
だって、いつもお客様からの原稿待ち、の時間が一番長いのですから。(*^-^*)


ホームページはいわば会社の顔、どのようなイメージを伝えるか、何を伝えるか、十分検討して取り組まなければなりません。
例えば自社の商品・サービスの紹介だけでなく、伝えるものとしては目に見えない「理念・組織風土・伝統・企業文化など」をしっかりと伝えて、会社のファンになってもらうことが必要です。ある意味「ブランディングやマーケティングの視点」が必要になります。
 
一方、SNS系は「考えるより感じろ」ということで、手軽に初めて、やりながら方向性を探る感じでいいと思います。
顧客やSNSの友達やフォローワーとの関係性がやがて企業や商品やサービスを知るきっかけになればいい気がします。
 
あれこれ悩まず、とりあえずやってみる。そんな気軽さがいいですね。(*^^)v