Windowsの更新プログラムが、PCを不調にさせたり、壊したり(起動しない)した場合、その修理費はMicrosoft社に請求できるでしょうか?
最近のWindows更新に伴うトラブルが多発していて、お客様に大変申し訳なく思います。
当社に責任があるわけでもなく、Microsoft社にしてもすべてのPCがトラブルを起こすわけでもなく、不可抗力的な事故としての認識だと思うのですが・・・
こうも続くとどうも釈然としませんね。(#^^#)
私たちは、それくらいパソコンに生活の多くを頼っています。
「パソコンが壊れて、することがなくて暇を持て余している、早く治してくれ」と言われるお年寄りもたくさんいらっしゃいます。
そんなパソコンが、システムを健全にするためであるにしても、ある日突然更新プログラムを更新中・・・
とでて、再起動後「壊れました」(w、では済まされません。

しかしあの大企業Mocrosoft社に裁判で勝てるわけもなく、苦情を言っていく電話番号もわからず、多くのユーザーは泣く泣く我々のようなところで修理費を自腹で払っていかれるのでした。
何とかならないかなぁ。ビジネスチャンス!?


シェアする