最近、Windows10の修理が多いのですが、あまりにもそっくりな症状で驚いています。
それは、Windows10の更新プログラムが更新に失敗して、それから再起動を繰り返し、結果として壊れる(w
起動しなくなるのです。
これって、Microsoft社にクレームというか、賠償責任問題にならないのかなと思います。
パソコンが壊れるということは、私たちの生活に甚大な被害を及ぼします。
もしかしたら貴重なデータが消失するかもしれません。
一生懸命作業した結果が消えるかもしれません。
データはバックアップがあったとしても、様々な購入したソフト、インストールした設定、なんやかんやすべてやり直しになるかもしれません。
その復旧のための費用は?時間は?Microsoft社は一切面倒見てはくれません。
 
確かにとても世話になっているし、とても助かっているんですが・・・
それにしてもWindows10の更新プログラムは、「やわ」すぎます。
 
皆様くれぐれも、気を付けてくださいね。
ぜひ復元ポイントを作成しましょう。この復元ポイントはPCをある状況に戻すための情報を記録しているものです。
絶対的なものではありませんが、無いよりはましです。
そして、この復元ポイントの作成は、Windows8までは自動作成だったのに・・・Windows10 では、使用者が自分で作らないといけません。
なんでそう変わったのか理解に苦しみますが・・・
 
復元ポイントの作成は、こんな感じです。参考にしてください。
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=017936


シェアする