Web2.0が提唱されたのは、2005年。7つの格言は衝撃的でしたね。中にはよくわからない(イメージできない)ものもあったけど、とりあえず時代はその通りに進みました。(#^^#)
それから10年以上経って、すっかりWeb2.0的な時代になったことを私たちは、実感できているでしょうか。
デジタルデバイドと言ってしまえばそれまでですが、技術がどんどん進化していくのに、我々人間はどうしても「自分のなじんだ世界」に安住する傾向があります。
 
先日も知人のFacebookの書き込みから気がついたこと。PCがなくても今はスマホさえあれば、ほとんどの情報処理作業ができるということです。ただ、その進化に気がついていない人が多いのも事実です。
現在スマホでは、ほとんどのサイトにアクセスできます。中には、スマホ対応ではないサイトが半分以上あって、画面が最適化されず小さくなっちゃうものもおおいですけどね。とりあえず何とかできます。
 
そしてオフィスソフト(ワープロ、表計算、プレゼン・・・)みんなスマホで動きます。
おまけに料金は無料。
Web2.0の「デバイスの壁を超える」という言葉が、肌で感じられる今日この頃です。
私たちは、海岸で寝そべりながら仕事をすることができる時代にいるのです。(#^^#)


シェアする