フロッピーディスクの写真です。

フロッピーディスク

お客様から古いバックアップデータがFD(フロッピーディスク)に残っているが、CDに焼いてほしいと依頼がありました。FDドライブがないから自分でできないとのことでしたが、当社には外付けFDドライブがあるので、やってみましょうとなりました。
しかし・・・データが読めません。
「FDがフォーマットされていない」とメッセージが出ます。つまり記録された磁気データが壊れているようです。
考えてみればFDの耐用年数は、あまり知られていないですが当時2年と言われていました。
ラベルには平成14年から19年までの日付が書いてあります。
20枚ほどありますが、ほとんどダメでした。
パソコンのデータは、紙に書くのとちがい磁気で媒体に「くっつけて」あるようなイメージなので、FDのようなプラスチックの媒体は、元から壊れる可能性があって、耐用年数が短いのです。
残念ながら復元するかどうか(とても費用がかかります)現在、検討中となりました。
皆様も、気を付けてください。USBメモリも耐用年数は短く、ちょっとしたことで使えなくなる、もろい媒体なのでUSBメモリだけに保存していては心配ですよ。


シェアする