10月頃から、この詐欺メールはまず英文のメールとして私のもとに届き始めました。内容は「あなたのメールのハッキングを行ったので、ウイルス(トロイの木馬)を仕掛けた。気をつけなさい。」というものです。
ご丁寧に昔使っていたパスワードが書いてあります。
 
それは正しいです。
 
驚かれるかもしれませんが、ネットに書き込んだ(ログインするために入力)ものは、100%安全ではありません。
いつかは流出します。そのサイトを管理している会社の倒産、サイトの閉鎖など、セキュリティが緩くなる場合は結構発生します。
 
だから、定期的にPWを変更しなければならないし、同じPWを使いまわしてはいけないのです。

そして、「ウイルスを発動させたくなければ、金を払え」という感じです。
「あなたは、賢いのでこの警告にしたがうでしょう。私を追跡したり探しても無駄だ」と続け「あなたが見たサイトの画面のコピーを持っている、これをあなたのメールアドレスのリストの人々に送ったらどうなるか・・・わかるよね?」とやんわり脅してきます。
 
そして、ビットコインで送金しろと口座IDを出してきます。
ビットコインからは本人をたどれないという匿名性を演出していると思われます(w

ご丁寧に、ビットコインの送金の仕方も書いてありました(爆
 
金額は初め700ドルくらいだったのが、だんだん業者の「ライセンス転売」からか、あるいはフランチャイズ的なロイヤリティの関係か(笑、だんだん値上がりして、私の英文は770ドル、今月きた和文は、801ドル、今日相談を受けた先輩に来たメールは886ドルくらいになってます。そのうち900ドルを超えるか!?
しかし1,000ドルを超えると非常に高く感じるので、たぶん995ドルが天井かななんて思います。

期限は、48時間!ドラマにリスペクト? 急いで振り込ませる作戦でしょうか。
しかし、48時間たっても特に何も起きません。
それどころか、何か月も48時間だぞ!と同じメールを送ってきます。

こんなメールが来たら、とても心配されると思いますが、落ち着いて行動し、決して「返事」や「送金」などしてはなりません。

この手のもので対応すべきかどうかの判断は、「具体的な固有名詞が書いてあり
それに心当たりがあるかどうか」だと考えます。
前にも書きましたが、「あなたが過去にログインした、無料視聴の動画サイトの登録がそのままになっている」という感じです。
 
過去にログインした、っていつ?
無料視聴の動画サイト、ってどこ?

それが書いてあるかどうかが、真偽の見極める点だと思います。

まだご心配な方は、ぜひご相談ください。いつでも歓迎いたします。


シェアする